中部経済新聞の新聞記事一覧

2022年05月16日

いちい信金 1~3月期は9.2ポイント悪化 取引先企業の景況判断DI 【尾張】

いちい信用金庫がまとめた2022年1~3月期の景況レポートによると、取引先企業の景況判断DIは、前期(21年10~12月期)比9.2ポイント悪化のマイナス28.6となった。新型コロナウイルス第6波、ウクライナ情勢などの影響により、景況感は再び下降に転じた : 調査は、同金庫取引先800社を対象に今年3月上旬に実施

2022年05月11日

3回目接種済みの12~30歳無料招待 義津屋の振り袖ショー

総合ショッピングセンター「ヨシヅヤ」などを展開する義津屋(本社津島市新開町)は、新型コロナウイルスワクチン3回目接種済みの12~30歳を対象に、14日開催の振り袖ショー「名古屋二十歳コレクション」に無料招待する : 振り袖ショーは同日午後3時半から津島市の市文化会館大ホールで開催。人気モデル8人がゲスト参加する予定 : 対象者はワクチン接種証明書を当日提示すれば、無料で観覧できる

2022年05月06日

優良特産推奨品を募集 津島会議所が13日まで【尾張】

津島商工会議所は13日まで、「津島優良特産推奨品」の認定商品を募集している。津島の特産品を広くPRし、観光活性化を図る : 対象商品は食品、陶磁器、民芸品などで、サービスや技術は対象外。同会議所、津島市観光協会、津島市商店街連合会、NPO法人まちづくり津島の会員事業者のみ応募でき、同会議所内の選定委員会が認定する

2022年05月04日

ひと言 イノベーション事業に注力

「今後、総売り上げの1割程度をイノベーション関連の事業にしたい」と話すのは、工業炉の開発製造を手掛ける日本高熱工業社(本社名古屋市西区)社長の酒井健宏さん : 同社のイノベーション事業は、取引先や大学、研究者らとのネットワークにより、炉関係のさまざまな課題解決、新製品・新サービス開発などを目指す取り組み。取引先からの試験依頼や不具合調査なども含まれる : 同社は2020年に津島工場にイノベーションセンターを設立。炉の開発サポートや、炉のIOT(モノのインターネット)化などに取り組んでいる

2022年04月27日

天王川公園優先交渉権者に  天王川パークマネジメント 来年4月、スタバが出店【尾張】

津島市は、市内にある天王川公園の指定管理者制度の優先交渉権者に企業4社の共同体「天王川パークマネジメント」を選定した : 事業期間は2023年4月から32年3月まで。各社のノウハウを生かし、圏内と周辺のにぎわいを創出する。来年4月に園内にスターバックスコーヒーが出展する計画

2022年04月21日

本年度の重点事業報告 尾張5市の会議所、正副会頭会議

尾張地域の5市商工会議所は20日、津島市の津島神社で「尾張五市商工会議所正副会頭会議」を開催した : 江南、一宮、津島、稲沢、犬山の各商工会議所の正副会頭ら約30人が起業家支援など2022年度の重点事業を報告し、意見交換を行った : 津島商工会議所の伊藤彰浩会頭は「厳しい経営環境に置かれている事業者支援に役立つような会議にしたい」とあいさつし、議長席に着いた : 次回は10月6日に、稲沢市の豊田合成記念体育館エントリオで開催される予定

2022年04月20日

信長生誕の地 勝幡城跡 稲沢、愛西市の観光協会連携 御城印販売しPR

織田信長生誕の地である勝幡城(しょばたじょう)。その城跡に石碑が建てられ、周囲には幼少期の信長像や、推定復元模型図のジオラマ展示がある。稲沢市と愛西市にまたがる場所に位置することから、両市の観光協会が連携し、観光誘客のため勝幡城跡のプロモーションを展開している : 2021年4月、愛知県が三英傑(信長、豊臣秀吉、徳川家康)をテーマに観光振興プロモーションを展開する中、稲沢市観光協会は勝幡城跡に着目。勝幡城跡の知名度向上に向け、勝幡城跡の御城印を作成し発売した。御城印の累計販売数は600枚を超える : また、稲沢市、愛西市の観光協会は、信長ゆかりの地を巡るバスツアーを企画。出発、到着地点を名古屋駅とし、勝幡城跡をはじめ、信長が幼少期を過ごした興化山(こうかざん)長光寺や、信長の経済的な基盤を支えた津島神社の門前町などを周遊する                                                     

2022年04月15日

津島RCとあまRC マテバシイとシラカシ 各3本植樹 子どもたちが楽しみ 環境問題考える場に 親水公園総合運動場

津島ロータリークラブ(RC、山田勝弘会長)と、あまロータリークラブ(家田安啓会長)は、日本固有の常緑広葉樹「マテバシイ」、常緑高木「シラカシ」の各3本を愛西市に寄贈し、同市親水公園で植樹式を行った。関係者らは日永貴章市長らとともに苗木を植えた : 山田会長は「マテバシイとシラカシはドングリの実がなる。多くの子どもが集まる場所で、子どもに喜ばれたい」と語った。日永市長は「今回の植樹は子どもたちが環境問題を考える動機になる」と、津島RCとあまRCに感謝した : 苗木は園内総合運動場にあり、将来、木によってできる木陰で園内の利用者が過ごしやすくなることも期待されている

2022年04月01日

天王川公園にサクラの苗木2本 津島ライオンズクラブが植樹式

津島ライオンズクラブ(LC、長尾日出男会長)はこのほど、サクラの苗木2本を津島市に寄贈した。来賓を含め関係者約20人が集まり、天王川公園(津島市宮川町)の片岡春吉銅像前(北側)で植樹式を行った : 津島LCは津島市の要望を受け、新規事業として津島市にサクラの苗木2本を寄贈することにした

2022年03月29日

創立記念式典など実施 津島会議所が通常議員総会【尾張】

津島商工会議所は28日、津島市の同会議所で通常議員総会を開催し、2022年度の収支予算案や事業計画を承認した : 22年度の重点事業に地域経済活性化、中小企業・小規模事業者の支援推進、組織の活性化、創立60周年事業の4項目を盛り込んだ : 伊藤彰浩会頭は「8月に創立60周年を迎える。これまで以上に経営支援を展開するとともに、地域振興事業に取り組みたい」と意欲を示した

2022年03月08日

尾張5会議所が合同企業説明会 14、15日に一宮市で

一宮、津島、稲沢、江南、犬山の5商工会議所は14、15の両日午後1時から、一宮市の尾張一宮駅ビル(iビル)7階シビックホールで「合同企業説明会」を開催する : 2023年3月卒業見込みの学生や転職者を対象に66社が出展する

スタイルカンパニー 制震ダンパー無料提供 新築注文住宅購入者に

北米風輸入住宅メーカーのスタイルカンパニー(本社津島市神守町中ノ折46の2、吉岡和也社長)は、4~6月の新築注文住宅の契約者を対象に、制震ダンパー「エヴォルツ」を無償提供する : エヴォルツは、壁や柱など接合部に設置して建物の揺れを大幅に制御する装置 : 同装置は寺社など歴史的建造物にも採用されている

2022年03月02日

義津屋 地域の買い物難民救済 移動スーパー「とくし丸」出発式

総合ショッピングセンターのヨシヅヤ、食品スーパーのYストアを多店舗展開する義津屋(本社津島市、伊藤彰浩社長)は1日、北名古屋市鹿田のヨシヅヤ師勝店を拠点に移動スーパー事業「とくし丸」を開始した : 販売エリアは北名古屋市全域に加え、豊山町、岩倉市、一宮市、名古屋市西区の一部。師勝店の商品を小型特殊車両に載せ、高齢者の自宅を巡回する : 同社は清須市、愛知県蟹江町、可児市、岐阜県垂井町でも、とくし丸を展開している

2022年02月22日

ネット検索対策解説 津島会議所、25日セミナー

津島商工会議所は25日午後2時から、津島市の同会議所でセミナー「ネット検索で見つけてもらう方法」を実施

2022年02月18日

22年度当初予算案 企業誘致に7700万円 ふるさと納税PRも推進 【津島市】

津島市は企業誘致事業に7700万円を計上した : 工場増設に伴う道路や水路など工事費の一部負担や、固定資産税相当額の一部補助により、企業誘致を推進する : 観光振興事業には6100万円を充てる。観光振興事業の委託や観光交流センター指定管理の委託、尾張津島天王祭協賛会の補助金支給により、観光を活性化させる : 一般会計は、前年度当初比1.6%増の212億8千万円

2022年02月03日

義津屋 子ども用弁当格安販売 コロナ禍の保護者を応援

総合ショッピングセンター「ヨシヅヤ」などを展開する義津屋(本社津島市新開町1-6、伊藤彰浩社長)は13日まで、子ども用弁当をお値打ちに販売している : 26店の直営総菜売り場では各店1日10食限定で「お子さま弁当」を162円で販売。また、飲食・休憩コーナー「ワイズキッチン」では、子ども用に「お子さま唐揚げ弁当」「お子さまカレー弁当」を用意。午前11時から午後3時まで100円で販売 : 同社はコロナ禍による保護者の負担を軽減するため、期間限定で子ども向け弁当を企画した

2022年01月18日

英会話教室を4月開講 教育事業の敬和語学サービス ビジネスパーソン向けに オンラインでマンツーマン 子どもにはリアル授業

オンラインの日本語教室を手掛ける敬和語学サービス(本社津島市元寺町、菅原直樹社長)は、4月に英会話教室を開始する。ビジネスパーソン向けにはオンライン授業、小中学生向けには対面授業を展開。ほかにプログラミング教室、学習塾も開講する予定 ; 敬和語学サービスは2021年11月、給排水設備を手掛ける菅原設備の子会社として設立。日本語教室を主力事業として、教育事業の多角化を進めている

2022年01月14日

e-Taxリーフレット配布 津島税務署 西日本宇佐美SS 9カ所で

津島税務署はこのほど、西日本宇佐美(本社津島市)が運営するサービスステーション(SS)9カ所でe-Tax(国税電子申告・納税システム)の推奨リーフレット1万1千部の配布を開始した : e-Taxは、自宅のパソコンで確定申告ができる。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から3密を避けるため、e-Taxの利用を促した ; 宇佐美鉱油の宇佐美三郎社長は海部津島納税貯蓄組合連合会の会長も兼任しており、今回の協力となった

2022年01月05日

起動 津島商工会議所 伊藤彰浩会頭 創立60周年 景気回復へ 効果的な支援検討

今年8月、創立60周年を迎える津島商工会議所の特集記事。伊藤彰浩会頭(義津屋社長)に今年の抱負を聞いた : 2021年11月末時点の会員数は1346人で、20年3月と比べ79人増加。コロナ禍により相談ニーズや事業者支援が求められる一方、創業支援やまちづくりの役割も期待されている : 景気回復に向けた支援、津島駅周辺のまちづくり、ご当地検定、「津島優良特産推奨品」の拡大、創立60周年記念式典などの事業予定を計画している

2022年01月04日

今年周年を迎える企業 データは「中経企業年鑑2022」から抽出

設立80周年として玄々化学工業株式会社(昭和17年10月設立, 津島市神守町字中ノ折74) ; 設立70周年として株式会社山田軽金属(昭和27年12月12日設立, 津島市白浜町字下池41番地1)

2022年01月01日

新春尾張地域特集 津島市長 日比一昭 魅力ある「都市の拠点」創出

尾張地域の首長による新年のあいさつと抱負の特集 : 津島市の日比一昭市長 : 新型コロナウイルス対策の事業実績(第9弾までの計90事業)を振り返る : その上で、将来に向けた津島市を見据え、津島駅周辺・津島神社・天王川公園をそれぞれを連携させた「都市の拠点」を創出し、市民の利便性向上に向けて取り組むことを目標とする

2021年12月23日

日本語教室運営へ 1月、オンラインで開始 給排水設備工事の菅原設備 建設業向け専門用語講義 人手不足解消に貢献

給排水衛生設備工事を手掛ける菅原設備(本社津島市元寺町 菅原直樹社長)は、日本語教育事業に参入する : 2022年1月に、日本語教室のオンライン事業を開始する計画。海外からの受講も可能 : 建設業向けに専門用語や会話を学習できるカリキュラムを用意する。さらに、日本語教育を受けた外国人を日本の建設会社に紹介することも検討している : 菅原社長は「日本の建設業界で人手不足が深刻になると見込み、母国で日本語教育を受けた外国人材を即戦力として日本企業に紹介したい」と語った

2021年12月08日

「税の標語」署長賞に蟹江中の加藤美咲さん

津島税務署(津島市良王町)が毎年実施する「税の標語コンクール」で、蟹江町立蟹江中学校3年生・加藤美咲さんの作品を津島税務署長賞に選んだ。海部津島地域の中学生が対象で、応募総数は7824点 : そのほか、津島税務署と海部津島納税貯蓄組合連合会は「税についての作文」を募集し、優秀作品に選ばれた甚目寺南中学校の生徒2人が一日税務署長として仕事を体験した

2021年12月07日

こども食堂に通う子に 食事券のXマスプレゼント 義津屋

総合ショッピングセンター「ヨシヅヤ」を展開する義津屋(本社津島市新開町)は、愛西市福祉協議会に「こども食堂限定食事券」(親子40組80人に1人600円分)を寄付した : 食事券は津島本店の直営飲食コーナー「Y’sキッチン」と「ヨシヅヤCafe」で利用できる

2021年11月30日

北米風輸入住宅のスタイルカンパニー 一戸建て問い合わせ3割増 「受け継がれる家」に関心高く

北米風輸入住宅メーカー、スタイルカンパニー(本社津島市神守町)の一戸建て住宅の問い合わせ件数が、4月以降前年比3割増のペースで推移している : 同社は「300年住み続ける家」をコンセプトに、世界各国の優れた素材により長寿命住宅の建築を実現している ; 2020年度の住宅平均築後年数(取り壊されるまでの年数)は、アメリカ66.6年、イギリス80.6年、日本38.2年。近年は長く住み続けられる住宅への関心が高まっている

2021年11月24日

津島会議所が来月3日 動画作成セミナー開催

12月3日午前9時から、津島市の同会議所で動画作成セミナーを開催 : 業務マニュアルやサービス紹介の動画作成を検討する事業者が対象 ; 津島商工会議所

2021年11月16日

勤務管理ツール 使い方セミナー 19日、津島会議所

津島商工会議所は、19日午後2時から同会議所で勤怠管理ツールの使い方セミナーを実施する : 問い合わせは津島商工会議所(電話0567・28・2800)

2021年11月05日

義津屋が全店で創業記念セール 来年1月20日まで

総合ショッピングセンター「ヨシヅヤ」などを展開する義津屋(本社津島市新開町)は創業90周年を記念し、ヨシヅヤ、Yストアの全27店舗でセール「感謝の値下げ」を展開 : 2022年1月20日まで

2021年11月01日

特色生かしたにぎわい創出 祭典や観光資源「まちゼミ」

尾張西部地域の伝承やにぎわい創出を紹介 : 津島市では、毎年7月に行われる尾張津島天王祭の伝統を伝承するため、津島ロータリークラブが津島神社で同天王祭の展示会を開催した

2021年10月15日

義津屋 接客と包装の技競う 新入社員がロープレ大会

総合ショッピングセンター「ヨシヅヤ」などを展開する義津屋(本社津島市新開町、伊藤彰浩社長)が、津島市の本社事務センターで「接客ロールプレイング&進物披露大会」を開催 : 審査の結果、平和店の早川丈さんが優勝し、ポイント特典上位の5位までが表彰された

2021年10月07日

東海版こども新聞 第34号 ふっかつの津島麩 給食に 施設の協力で大量生産

愛知県津島市で、一時生産が途絶えた「津島麩」が、地元の障害者支援施設の協力で大量生産できるようになった : 市内でコウジを作り続けている「糀屋」の加藤義隆さん(57)は2年がかりで当時の味を再現復活させ、マニュアル化したうえで「あいさんハウス」に製造を依頼した : 現在、1日に700-800個生産できるようになり、9月8日、市内の小中学校12校と幼稚園1園の4700人を対象にした津島麩の給食を出すことができた

ミストコレクターに後付けできる 電気集塵ユニット開発 環境改善製品の葵精工 捕集効率は99.9% 初年度50台販売めざす

環境改善製品や工作機械部品などの製造を手掛ける葵精工(本社津島市唐臼町柳原93)は、既存のミストコレクターに後付けできる電気集塵ユニット「AM plus-e」を開発、販売した。工作機械から出るミストをほぼ完全に除去し、健康被害や床の汚れを防ぐ効果がある

2021年10月05日

津島会議所が6商品を優良特産推奨品に認定

津島商工会議所は4日、津島市内の6商品を「津島優良特産推奨品」に認定した : あかだ屋清七の「あかだ・くつわの缶詰」、かとう農園の「イチゴハーブティー『いちごの巣』」、糀屋の「津島麩」、鶴見酒造の「大吟醸 我山」「神鶴 千 純米吟醸」、遠山産業「ロイヤルゴールドラベル特殊キルト羽毛布団」 : 今回の認定により認定製品は34社57点となった

2021年09月29日

SDGsに取り組むメリットなどを解説 津島商工会議所がセミナー

10月15日午後2時から、津島市の同会議所で「SDGs(持続可能な開発目標)×働き方改革」セミナーを開催 ; 津島商工会議所

2021年09月24日

ヨシハラフーズ 炊き込みご飯の素に鶏おこわ 来月から限定販売 名古屋コーチンのエキス配合

レトルト食品製造のヨシハラフーズ(本社津島市半頭町西之割119の1)は、炊き込みご飯のもとの自社ブランドシリーズ「地鶏物語 純系名古屋コーチン」で、「鶏おこわの素」を開発し、10月1日から12月31日までの期間限定で販売する : コロナ禍による内食市場拡大を背景に「プチぜいたく」や贈答品の需要を取り込む

サラリーマン百景 ~わが社の腕まくり~ 長田広告 法務部法務課参与 金谷達男さん 国内外の山頂 相次ぎ制覇

総合広告業の長田広告(本社津島市東柳原町5の5の1)法務部法務課参与の金谷達男さん(48)は、弁護士として契約書の作成や精査、法律相談などに取り組む : 休日は登山でアクティブに体を動かし、2018年9月に日本百名山登頂を達成 : 19年7月からは海外の登山に挑戦しており、モンブラン(標高4811㍍)、キリマンジャロ(標高5895㍍)を制覇。次は南米最高峰のアコンカグア(標高6962㍍)の登頂を目標に掲げる

2021年09月21日

来月20日に実店舗の店づくりアドバイス 津島商工会議所がセミナー

10月20日午後2時から、津島市の同会議所で「オンライン店舗に負けない!実店舗のお店づくり」セミナーを実施 ; 津島商工会議所

2021年09月20日

来月30日に創業支援セミナー 愛知県信用保証協会

愛知県信用保証協会が10月30日午後1時から、津島市の津島商工会議所で創業支援セミナーを実施

2021年09月11日

抽選で地元特産品が当たる 津島会議所 来月からスランプラリー

津島商工会議所では10月1日から「頑張ろう津島! 応援スタンプラリー」を開催する : 同会議所会員の約160店舗で買い物をしてスタンプを集め応募すると、抽選で津島の特産品が100人に当たる : 500円以上の利用でスタンプ1個。7個集めるとゴールド賞、5個でシルバー省、3個でブロンズ賞となり、それぞれの応募資格から抽選する

2021年09月07日

中国のオンライン店に出店 鶴見酒造 日本酒ブーム追い風に 販路拡大へ 品質・衛生管理を強化

日本酒メーカーの鶴見酒造(本社津島市百町旭46、和田真輔社長)は、中国大手オンラインショップの微信(ウィーチャット)と支付宝(アリペイ)に出店した。主力日本酒ブランドのひとつ「神鶴」を冠に付けた4商品を販売している : 中国のオンラインショップ価格は、関税や輸送費により日本の2倍以上高くなるため、同社は品質の高さを武器に需要を取り込む。10月には衛生管理を向上させるため、ステンレス製のこうじ室を新規に稼働させる予定

2021年09月03日

ロータリークラブ ライオンズクラブ 会長に聞く 60周年迎えスローガン「原点回帰」に クラブ内の親睦深め会員増強めざす 津島ライオンズクラブ長尾日出男氏

津島ライオンズクラブは2021~22年度に結成60周年を迎える。「原点回帰 思いやる 心ひとつで ウィ・サーブ」をスローガンに掲げる。また、会員間の親睦、さまざまな業界からの会員募集、津島の知名度向上につながる事業を基本方針に据える : 長尾日出男会長(73)に本年度の具体的な計画などを聞いた ; 津島ライオンズクラブは1962年6月23日に結成され、現会員数は72人

2021年08月31日

「インディード」活用 人材採用のセミナー 津島会議所、来月2日

9月2日午後2時から、津島市の津島商工会議所で、求人情報専門検索エンジン「インディード」を活用した人材採用セミナーを実施 ; 津島商工会議所

2021年08月26日

義津屋 レジ接客、早川さんに栄冠 新人社員対象のコンテスト開催

総合ショッピングセンター「ヨシヅヤ」などを展開する義津屋(本社津島市新開町、伊藤彰浩社長)は25日、津島市の本社事務センターでロールプレイング形式のレジ接客コンテストを開催 : 今年入社した新入社員がレジの技術や接客レベルを競い、早川丈さん(平和店)が優勝した

2021年08月24日

尾張南部地域特集 サービス向上へデジタル化推進 津島市 プレミアム商品券発行 尾張津島天王祭の伝統継承

尾張南部地域の特集記事 : 津島市は「デジタル専門人材確保」「フリーWi-Fi推進」「リモートワークなどの推進」の3項目を新規事業とし、コロナ禍に伴うデジタル化の進展に合わせ行政サービスの向上を図る : また、コロナ禍での景気対策では、津島市民を対象にプレミアム付き商品券の購入申し込みを27日から開始する : 長期的な経済対策では、津島駅周辺のまちづくり構想の検討を図る : 懸念材料として4年連続通常開催できなくなった「尾張津島天王まつり」の伝統継承をあげている

2021年08月21日

プレミアム付き商品券3万冊 津島市が発行 商店応援と消費喚起へ

8月27日から9月10日まで、津島市はプレミアム商品券3万冊の申し込みを受け付ける。コロナ禍の商店応援や消費喚起を目的に、1冊7500円分を5000円で販売 : 申し込み後(予定数を超えた場合は抽選)の販売期間は9月22日から10月29日まで : 津島市民のみ市内郵便局と津島商工会議所で購入できる ; 津島市産業振興課(0567・24・1111)

2021年08月20日

「歴史文化が伝える心」をテーマ 津島RC、社会貢献事業開く 講演会や版画絵など展示 魅力発掘で地域盛り上げ

津島ロータリークラブ(RC、山田勝弘会長)はこのほど、社会貢献事業「津島神社と尾張津島天王祭の歴史文化が伝える心」と題し、津島市にある津島神社と津島市文化会館で講演会(千田嘉博氏講演)や同RCが寄贈した版画絵などの展示を行った : 3日間の会期中は、近隣住民を中心に多くの人が来場し、津島市の歴史や文化に触れ知識を深めた : 津島神社で行われた津島市立図書館の館長、園田俊介氏の講演には約100人が参加。津島神社と天王川公園に関するさまざまな絵図や写真をもとに、津島市の歴史について解説した

2021年08月14日

津島会議所が20日にネット販売セミナー

津島市の津島商工会議所で20日午後6時からセミナー「ネットショップを始めよう!」を実施する : 商品販売サイトを無料で開設できるBASEについて説明する予定 ; 参加費無料、問い合わせは同会議所(0567・28・2800)

2021年08月07日

「ケンタッキー」を多店舗化 宇佐美鉱油 津島に続き稲沢に2号店 10月下旬オープン テークアウト需要取り込む

ガソリンスタンド(SS)運営の宇佐美鉱油(本社津島市)は、ファーストフード店「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」のフランチャイジー(加盟店)展開を強化する : 2020年3月、同社初の飲食店事業として津島市にKFCのフランチャイズ店を開業しており、今年10月下旬に稲沢市横手町で2号店をオープンする予定 ; 津島市唯一のKFCでは、ドライブスルー利用者のテークアウト需要を想定以上に取り込んでいるという

2021年08月05日

経営支援など紹介 ディスクロ誌発行 いちい信金

いちい信用金庫は、2020年度の中小企業への経営支援や、最近のトピックなどを紹介する21年度版ディスクロージャー誌『いちいレポート2021』を発行 : 師勝支店(北名古屋市)のリニューアルオープンや江東店(津島市)の新築移転オープンなどの内容も盛り込んでいる

2021年07月31日

名鉄子会社で不正車検疑い バスなど553件、必要な検査せず

名古屋鉄道の子会社「名鉄自動車整備」は、同社の津島工場(津島市)で553件の不正疑いが見つかったと発表した : 必要な検査をしていなかったり、基準に満たない数値のまま検査を通していたとみられる : 2021年4月、同工場で過去に点検したバスの車台番号が判別できない状態であったことが判明したため、記録が残る2019年6月以降の1221件を再調査した。前工場長と前主検査員の2人が不正に関与した疑いがある

ページの最初に戻る