夕刊の新聞記事一覧

2024年02月17日

2024年01月30日

殺人未遂疑い 88歳夫を逮捕 愛知県警

30日、自宅で妻を殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで、同県あま市篠田の無職の男性容疑者(88)を現行犯逮捕した : 逮捕容疑では、30日午前1時50分ごろ、自宅1階の居間で、妻(84)の首を絞めて殺害しようとしたとされ、容疑を認めている : 署によると妻は病院に搬送されたが、約1時間半後に死亡した。署は容疑を殺人に切り替えて動機などを調べる ; 津島警察署

2024年01月27日

2023年12月19日

没後100年の伊藤野枝、思想に光 支配のない関係 夫婦から

婦人解放や労働運動で先駆的な論陣を張った伊藤野枝が関東大震災直後、惨殺されてから100年がたった。激烈な生涯は小説やテレビドラマにもなったが、思想や言説に改めて光があたる : 野枝は1895年福岡県生まれ。上京し女学校を卒業後、家が決めた縁談に反発。教師の辻潤のもとに転がり込む。17歳で平塚らいてう主宰の雑誌「青鞜」に関わり20歳で発行人を引き継ぐ。辻との子を産み結婚するが、1916年にアナキズム指導者の大杉栄と恋愛関係になり青鞜は終刊。28歳で大杉とその甥とともに憲兵隊に殺された : 大杉栄は1885年(明治18年)、愛媛県那珂郡丸亀(現・香川県丸亀市)生まれ。父の大杉東(おおすぎ あずま)は、愛知県海東郡越治村(現津島市)出身。大正期の著名な革命家で中国やフランスに渡航し、海外でも活動した。

2023年10月12日

2023年09月06日

14歳娘に刺され 母死亡 愛知・大治 殺人未遂疑い逮捕

6日午前1時15分ごろ、愛知県大治町の集合住宅の一室から、女性の声で「腹を刺された」と119番があった。消防や警察が駆けつけると、腹部を刺された女性(40)がうつぶせで倒れており、病院に運ばれたが外傷性出血性ショックで死亡した : 現場で女性の中学2年生の長女(14)を見つけ、「お母さんを刺したことでよいか」と聞いたところ容疑を認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した : 逮捕容疑では、6日午前1時10分ごろ、大治町内の集合住宅の一室で、母親の腹部を包丁で刺したとされる。署によると、その後の取り調べにはほとんど言葉を発していない ; 津島警察署

2023年05月30日

乙女の祈り 豊かな実り 愛知・愛西 お田植祭

豊かな実りを願う「お田植祭」が30日、愛知県愛西市の水田であり、地元の清林館高校の女子生徒が早乙女姿で苗を植えた : 津島神社(同県津島市)の神事に使う米を育てる儀式。一時は途絶えていたが、水田の寄進を受けて1998年に復活した : この日は男女17人の生徒が参加。花がさをかぶった女子生徒は、神職が打つ太鼓の音に合わせて苗を植え、白装束の男子生徒も作業を手伝った

2023年03月04日

2023年02月07日

「妻を殺して燃やした」 愛西 2棟全焼 2人連絡取れず

7日午前1時50分ごろ、愛知県愛西市町方町の住宅から出火、木造2階建てを全焼し、延焼した東隣の住宅も全焼した : 現場は名鉄町方駅から北東に約600メートルの住宅街。延焼した住宅の住民は逃げ出して無事だった : 火元の住宅には60代男性、内縁の妻(50代)とその母親(80代)の3人が住んでいたとみられるが、女性2人と連絡が取れていない : 男性は現場近くで津島署員に対し「俺がやった。妻を殺して、燃やした」と犯行を認めたという。容疑が固まり次第、男を現住建造物等放火の疑いで逮捕する方針 : 津島警察署、愛西市消防本部

民家2棟が全焼 2人連絡取れず 愛知・愛西市

7日午前1時50分ごろ、愛知県愛西市町方町の民家から「火が上がっている」と119番通報があった : 約3時間10分後に鎮火したが、出火元とみられる木造2階建て住宅と隣接する民家の計2棟が全焼した : 木造2階建て住宅には3人が住んでいたとみられるが、うち2人と連絡が取れていない : 津島警察署、愛西市消防本部

2023年01月13日

2022年12月27日

初詣 津島神社 全国天王総本社

愛知県内の神社の主な正月行事などを紹介 : 津島市では津島神社が紹介されている : 新春車祓い2日~7日・茅の輪くぐり4日~7日、商売繁盛「きのえね祭」10日、楼門ライトアップ12月31日~1月9日

2022年12月15日

凸版関連会社 書類送検へ 長時間残業、改ざんも 津島労基署

愛知県愛西市の拠点で社員に長時間の違法な残業をさせていたとして、津島労働基準監督署は15日、労働基準法違反の疑いで印刷大手「凸版印刷」の関連会社と管理職1人を書類送検する方針を固めた。勤務記録の改ざんも行われていたとみている : 書類送検されるのは、凸版印刷の孫会社「トッパン・フォームズ東海」(静岡県袋井市)と、同社の愛西市の拠点「名古屋センター」のセンター長。関係者によると、名古屋センターは官公庁の印刷物の印刷加工を行っている。印刷物を裁断したり、折ったりして封筒に入れる作業をする部署で6月、一部の社員に約160時間の残業をさせていた疑いがある。また、社員が始業と終業の時間を手書きで記録する勤怠月報について、改ざんが行われていたという : 残業が月80時間を超える社員らに関し、管理職が勤務日を勝手に代休扱いにし、その月の労働時間から差し引いて報告する行為が繰り返されていたとみられ、津島労基署は悪質と判断した : 元社員らによると、問題視されている6月以外にも、労使協定で定められている月80時間を超える残業があったという。中には食事がのどを通らず、睡眠が十分に取れなくなるなどして体調不良になり、退職を余儀なくされた社員もいた、と訴えている

2022年12月09日

[読者投稿]ハイ編集局です 助けてくれた小学生に感謝

津島市の女性(82)の電動自転車で転倒したときに助けてくれた小学生への感謝の読者投稿を掲載

2022年11月22日

名鉄岐阜線 後世に 1950~70年代撮影の写真集

岐阜市中心部から郊外を走っていた名古屋鉄道岐阜線の黄金期の姿をとらえた写真集が22日に出版された : 撮影したのは名鉄OBの白井昭さん(95)=愛知県知多市。趣味の鉄道写真で撮りためた1400本余の白黒ネガを自宅で保管していた。OB会で名鉄資料館元館長の田中義人さん(72)= 愛知県津島市 = と知り合い、写真の管理を任された。田中さんが写真を整理するうちに、廃線となった岐阜線の写真が多く残されていることに気付いた。5万枚に上る写真の中には名鉄でも保管していないような貴重な写真も含まれており、二人で写真集を出版することにした : 名鉄岐阜線は岐阜市内線、高富線、鏡島線、美濃町線、揖斐線、谷汲線の6路線の総称。1960~2005年までにすべて廃線となった

2022年11月04日

[読者投稿]ハイ編集局です ネット以外も窓口を

津島市の主婦(73)の多数派となったウェブでの参加申込みへの悩みに関する読者投稿を掲載

2022年10月01日

ほのぼの絵手紙

津島市の古屋きみ子さん(76)の絵手紙が掲載

2022年09月13日

自転車の車軸に巻く輪状のブラシ 「ハブ毛」愛あふれ復刻 友人から「アホやな」 自腹で200本生産

近頃、見かけなくなった自転車の車軸「ハブ」に巻く輪状のブラシ(ハブ毛) : 国内で唯一の生産業者だった愛知県津島市の「三優商会」の代表、佐藤昌利さん(79)は、1年ほど前にハブ毛の材料がなくなり生産を終了したという : 大阪府の会社員下津諒悟さんは「ハブ毛を絶滅させたくない」という一心でブラシ業者に200本生産を依頼。なじみの自転車店で販売を頼み40本が売れ、YouTubeチャンネルで紹介するなどし、最終的に完売した。もうけはないがハブ毛の絶滅を救った達成感でいっぱいだと下津さんは語る : 三優商会の佐藤さんは「事業にならないと思うけどがんばってください」と語った

2022年08月27日

まちづくり担う 津島の長屋全焼 住宅も延焼

27日午前6時35分ごろ、愛知県津島市宝町の長屋から出火、店舗など5軒が入る木造平屋の建物を全焼した。さらに南側の住宅に延焼した。けが人はいないという : 現場は名鉄津島駅から西に約400㍍の住宅街。地元の住民らによると、長屋は築80年ほどとみられる。「ルミエールセンター」という名前が付けられ、再生活動が続けられてきた。数年前から雑貨店やボランティア活動の事務所などが入居、まちづくりの一角を担ってきた : うち一軒を借りている男性は「ここで活動するみんなの思いが詰まった建物。積み上げてきたものがなくなってしまった」と肩を落とした                                                                                                                                                                                        

2022年08月06日

戦後77年 絵手紙に託す平和の祈り

津島市の佐野輝夫さん(82)の「平和」をテーマにした絵手紙が掲載

2022年07月26日

LGBTなど配慮 津島署新庁舎落成 愛知県警

愛知県警津島署の新庁舎(津島市西柳原町)で26日、落成式があった : 県内の警察署では初めてとなる「みんなのトイレ」を設け、性的少数者(LGBTなど)らに配慮。多目的トイレを備えた署はこれまでもあったが、「みんなのトイレ」と掲示することで性別問わず利用しやすくした。運用は8月29日から : 署の外観は、特産の織物がモチーフのストライプ模様。天井からは天王川公園の藤棚をイメージした紫色の花を模した飾りを垂らした : 新庁舎は旧庁舎と同じ場所で2020年に着工。鉄筋コンクリート4階建てで延べ約6085平方メートル。旧庁舎に比べて2.8倍広くなった : 式では関係者30人が完成を祝い、大村秀章知事は「運転免許更新の待合室の拡張など地域の人が利用しやすくなった。職員には今まで以上に安心を守ることにまい進してもらいたい」と挨拶した

2022年07月02日

高校野球 地方大会 2日

第104回全国高校野球選手権愛知大会 7月2日の試合結果 : 1回戦 津島2-1三谷水産で津島高校が勝利した

2022年06月25日

参院選2022 18歳の声 届け

今春の民放改正で、成人年齢が18歳に引き下げられて、初めて迎える衆院選 : 高校生、大学生、就職した18歳など、未来を担う若い成人たちが、今の政治に何を願うのかを一言記した : 津島市の高校生、太下宙音さんは、コロナ政策に関する一言を記した

2022年06月18日

目耳録 沖縄のために

愛知県津島市の寺で、サーターアンダギーや沖縄そばを提供する店を開いて1年になる、店主の小山初子さん(68)についての記事を掲載

2022年05月06日

平和への祈り 宗教の垣根超え 津島

宗教や宗派の垣根を超えてウクライナの平和を祈ろうと全国各地で活動する宗教家や信者らが5日、愛知県津島市のモスクに集まった。ウクライナ正教会の司祭、ポール・コロルークさん(56)が「よりよい世界を一緒につくっていきましょう」と参加者らに語りかけた : この日の集まりはイスラム教の「日本アハマディア・ムスリム協会」(同市)が呼びかけて実現した。ウクライナ正教会のほか、キリスト教や仏教、ユダヤ教など約10の宗教や宗派の宗教家らが参加。各宗教や宗派に基づく戦争や平和についての考え方を説明し、互いの理解を深めた : 会合の最後にはそれぞれの方法でウクライナのための祈りを捧げた

2022年04月28日

免許更新申請書 計1万5000枚不明 愛知の2警察署

愛知県警は28日、津島署が、ドライバーから提出された運転免許証更新申請書7328枚(4732人分)を紛失したと発表した。誤って廃棄した可能性が高いという : また、県内全署で免許関係書類の点検を行ったところ、稲沢署でも申請書7760枚の所在が分からなくなっていることが判明した : 津島署が紛失したのは昨年12月と今年1月の提出分。申請書は2枚つづりの複写式で、保存期間は1枚目が5年、2枚目が9年。申請者の名前や生年月日、電話番号が書かれている : 運転免許課によると、個人情報の流出は現時点では確認されておらず、免許の更新自体にも影響はないとしている

2022年04月06日

愛知初の県立中高一貫 明和 津島 半田 刈谷 25年新設目標

愛知県と同県教委は、県立高校での中高一貫教育導入に向け、今月に検討委員会を設置して本格的に議論を始める。手始めに昭和(名古屋市)、津島、半田、刈谷の4校を候補とし、2025年4月に4校に付属中学を新設することを目標とする : 愛知県教委によると、県内には私立19校、国立1校の中高一貫校がある。県立校の一部で6年間の一貫教育を導入することで、受験の選択肢を増やし、計画的で断続的な教育と特色ある学校づくりを目指す : 公立高校に付属中学を併設する中高一貫教育は41都道府県で導入されているが、東海三県(愛知、岐阜、三重)ではまだ例がない

2022年02月28日

小児用ワクチン 名古屋空港到着

愛知県の新型コロナウイルスワクチンの大規模集団接種会場で5日から始まる5~11歳への接種に向け、米ファイザー製の小児用ワクチンが28日、会場の一つの県営名古屋空港ターミナルビル(豊山町)に運び込まれた : 国からの先行配布分で、14箱(1400回分)が午前10時半ごろ、配送業者から薬剤師に手渡された。3箱分を同会場で使い、残りは江南、津島、安城各市と大口、扶桑両町に分配する

2022年02月22日

名鉄子会社を書類送検 不正車検、元津島工場長らも

名古屋鉄道の子会社「名鉄自動車整備」(名古屋市緑区)の津島工場(愛知県津島市)で不正車検が行われていたとして、津島署は22日、道路運送車両法違反(不正車検)、虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで、当時の男性工場長(45)ら8人と、両罰規定を適用し法人としての同社を書類送検した : 工場長の他に書類送検されたのは、30代と40代の男性検査員2人と、20代~70代の男性整備士5人 : 送検容疑では、2019年8月~21年4月、共謀し、大型トラックのタイヤを外す作業をせずに、保安基準の適合証を作成し、中部運輸局愛知運輸支局に提出したなどとされる

名鉄系 整備士8人書類送検 トラック車検で不正疑い

名古屋鉄道グループの名鉄自動車整備(名古屋市緑区)で不正車検があった問題で、愛知県警は22日、津島工場(愛知県津島市)の当時の工場長ら20~70代の整備士8人を道路運送車両法違反や虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで書類送検し、発表した : 「省略すると現場の作業が楽になった」などと容疑を認めているという

2022年02月05日

作家の奥山景布子さん文学講座

作家の奥山景布子さん(津島市出身)の文学講座が、3月13日(日)に名古屋市千種区覚王山通8、ルブラ王山2階金鯱の間で行われる : 新田次郎文学賞を受けた『葵の残葉』など、時代小説を多く手掛けてきた奥山さんが、昨年刊行の『流転の中将』について語る : 同書は桑名藩主・松平定敬の生涯を描く

2022年01月22日

愛西で民家全焼 住人男性けが

22日午前9時25分頃、愛西市立田町船頭平の民家から出火があり、木造平屋を全焼した。津島署によると、同所で一人暮らしをしている男性が手に軽いやけどを負った ; 津島警察署

2022年01月15日

体調ケア 夢へ発奮 「家で勉強時間増えた」「早寝早起き」

15日に始まった大学入学共通テストについて、東海地方の各会場の様子を特集 : 共通テスト会場のひとつ名古屋工業大学(名古屋市)では、津島東高校の浅井洸輝さん(18)がインタビューに応じ、「(コロナ禍で)家にいる時間が多くなり、勉強時間が増えたので悪いことばかりではない」と答えた

2022年01月14日

後継議員に助言続け 海部元首相死去 地元関係者ら悼む

第76代首相を務めた海部俊樹氏が、1月9日に死去していたことがわかった。91歳だった : 海部俊樹さんが首相だったころなどに秘書を10年以上務め、海部さんの地盤だった愛知9区(愛知県一宮市の一部や稲沢市、津島市など)を引き継いだ長坂康正衆院議員は、涙ぐみながら死を悼んだ : 愛知県の大村秀章知事は「痛恨の極み」とする談話を発表した : 選挙区だった一宮市でも悼む声が広がった

2021年12月27日

[読者投稿]3㍉コント

中日新聞夕刊のコラム「3㍉コント」に、津島市の含笑子さんからの投稿を掲載

2021年11月08日

稲沢・稲沢東・尾西高 統合 愛知県、23年度 津島北と海翔も

愛知県の大村秀章知事は8日、県立高校の稲沢、稲沢東(ともに稲沢市)、尾西(一宮市)の3校を2023年度に統合すると発表した : 津島北(津島市)、海翔(弥富市)を25年度までに統合することも明らかにした : 高校の入学者数が22年度と比べて、35年度は1万3000人程減ることを踏まえた県立高再編将来構想の一環 : 津島北と海翔は、津島北の校舎を利用し、普通科2クラス、商業科3クラス、福祉課1クラスとする予定

2021年10月28日

[読者投稿] ハイ編集局です 次は80歳で 同期との展覧会

愛知県立旭丘高校美術科10期生の仲間19人で、喜寿記念の展覧会を開催した時の雑感 : 津島市の女性(78)の投稿

2021年10月19日

東海3県 小選挙区の立候補者 愛知 15選挙区

衆議院選挙の告示 : 津島市を含む愛知9区からは長坂康正氏(64)元経産副大臣・自民前職・当選3回、岡本充功氏(50)元厚労政務官・立憲前職・当選5回の2人が立候補

東海3県 小選挙区立候補者(届け出順) 愛知

衆議院選挙の告示 : 津島市を含む愛知9区からは長坂康正氏(64)元経産副大臣・自民前職、岡本充功氏(50)元厚労政務官・立憲前職の2人が立候補

全国の立候補者 届け出順 東海 愛知

衆議院選挙の告示 : 津島市を含む愛知9区からは長坂康正氏(64)元経産副大臣・自民前職、岡本充功氏(50)元厚労政務官・立憲前職の2人が立候補

「若松」に宿る反骨精神 杉本健吉の画業 愛知・美浜の美術館 最終展

名古屋市出身の洋画家、杉本健吉さん(1905-2004)の作品を集めた最終展「絵に生きた画家 杉本健吉」展が開かれている : 今回、杉本氏が最晩年に描いた名古屋能楽堂の「若松」に関する逸話を紹介 ; 杉本健吉は愛知県名古屋市生まれ。幼少期を大正時代の津島町で過ごした。津島第一尋常小学校(現在の南小)卒業 

日本経済新聞

衆院選の立候補者 小選挙区 東海

衆議院選挙の告示 : 津島市を含む愛知9区からは長坂康正氏(64)元経産副大臣・自民前職、岡本充功氏(50)元厚労政務官・立憲前職の2人が立候補

2021年10月02日

3㍉コント月間賞

読者投稿「3㍉コント」9月の月間賞は、9月11日掲載、津島市在住・含笑子さん=河村清徳さん(86)=の「『明かりは見え始めている』」に決定

2021年10月01日

[読者投稿]ハイ 編集局です 故杉本健吉画伯 笑顔懐かしむ

愛知県美浜町にある杉本美術館が閉館する記事を読んでの雑感 : かつてハイキング途中に立ち寄った際、たまたま故・杉本健吉画伯が在館しており、優しい笑顔で会釈してくれたことを思い出した、という読者投稿

2021年09月30日

ウィシュマさん 生きていける社会に 入管死亡 支援者が交流録出版 

名古屋出入国在留管理局の施設で収容中の3月に亡くなったスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)= : 面会や文通を通して支援を続けていた愛知県津島市のシンガー・ソングライター真野明美さん(67)が交流の記録をまとめ、10月中に出版する : タイトルは「ウィシュマさんを知っていますか?」。真野さんは「託された手紙を通し、どんな社会だったらウィシュマさんが生きていけたのかを問い掛けたい」と話す

2021年09月28日

石彫家・和泉正敏さんを悼む ノグチを支えた 技量と誠意

日米の血をひく米国の彫刻家イサム・ノグチ(1904-88)の香川県牟礼町(現高松市)での石の作品制作を支えた石彫家・和泉正敏さんが82歳で亡くなった : その人柄と仕事をしのび、酒井忠康・世田谷美術館長による寄稿文を掲載 : イサム・ノグチの父は津島出身の詩人・野口米次郎

2021年09月16日

杉本美術館 これで見納め 美浜 来月末閉館

10月末での閉館が決まっている愛知県美浜町の杉本美術館で16日、最終展「絵に生きた画家 杉本健吉」が始まった。10月31日まで : 1987年4月に開館し、名古屋市出身の画家杉本健吉さん(1905-2004年)の作品を常設展示。作品は公益財団法人が所有し、名古屋鉄道が美術館の運営を担ってきた : これまでに杉本さんの作品を中心に99回の企画展を行い、計約121万人が来館した : 杉本健吉は愛知県名古屋市生まれ。幼少期を大正時代の津島町で過ごした。津島第一尋常小学校(現在の南小)卒業

2021年09月07日

戦後76年 「奇跡のヤシの実」絵本に 一宮の主婦、小中へ寄贈 

太平洋戦争の末期、フィリピンで戦死した島根県出雲市出身の男性が海に流し、戦後になって故郷にたどり着いた、と伝わる話を絵本にした「奇跡のヤシの実」を、今年、愛知県一宮市の主婦亀山永子さん(48)が制作し、同市や出雲市の小中学校などに寄贈した : 亀山さんは、戦後もグアムで潜伏生活を続けた元日本兵の故横井庄一さん(※横井さんは幼少期に神守村[現在の津島市]で過ごした)に関する絵本を昨年出版している

2021年08月30日

[読者投稿]テーマ川柳 「競う」

愛知県津島市の内藤孝さんの「競う」をテーマにした川柳を掲載

ページの最初に戻る