2020年10月の新聞記事

2020年10月30日

再現「津島麩」 2日から販売 糀屋

かつて津島市の名物だった「津島麩」を、同市本町1丁目の「糀屋」で11月2日から販売 : 津島麩は江戸後期に津島の商店で開発された生麩で、長く住民に親しまれていたが、昭和になると次々製造店が廃業し、1980年代には途絶えていた

カレンダーで学ぶ 津島の民話や歴史 集大成の来年用完成 制作の2人感慨

津島市に住むコピーライターの加藤あけみさん(66)と、グラフィックデザイナーの上田賢次さん(64)が、今年も地域振興を目的としたカレンダー「つしま歴史ばなし」を制作 : 多様なイラストレーターらが描いたイラストや絵画を楽しみながら、市内に古くから伝わる民話や、近代のエピソードを学べる内容 : 2018年のカレンダーからは津島市立図書館の監修のもと、市内に伝わる民話や、産業や街のエピソードを盛り込む現在の形に : 2021年のカレンダーに掲載されているイラストや原画が、来年1月25日まで津島市立図書館で展示中

With KIDS おすすめスポット 天王川公園 童心くすぐる複合遊具

津島市宮川町1の天王川公園を親子連れおすすめスポットとして紹介 : 公園南部の広場にあるロープ型のジャングルジム「ザイルクライミング」と、それに連結した複合遊具は、子どもにとって障害物をクリアするような感覚で遊び進めることができる。付近には幼児向けの安心して楽しめる遊具も充実している : 日本最大級の藤棚や四季折々の花が咲くスポットもあり、親子連れで散歩を楽しむことができる

東海だより 埋もれた歴史に光を 織田信長の出生地で異論

愛知県愛西市教育委員会の学芸員、石田泰弘さん(56)は、全国各地に足を運び埋もれた歴史を掘り起こす : 江戸時代に伊勢神宮に向かう旅行者の大半は海路より陸路を選んでいたと分析 : 東日本各地に残る旅行者の記録「道中記」を精査し、名古屋城や疾病よけの力があるとされる天王信仰の拠点の一つだった津島神社(愛知県津島市)に立ち寄ったとする記述があり、名所を訪れるために陸路を使う人が多かったのではないかと推定するなどしてきた : 石田さんは「日の目を見ず眠っている資料は多い。掘り起こしは地域の魅力の再発見につながる」と語る

創業セミナーでチラシ作成と飲食店経営解説 津島会議所が来月

11月10、24の両日午後6時半から、津島市立込町の津島商工会議所で創業フォローアップセミナーを実施 : いずれも午後8時から個別相談会を開く : 参加費は無料でそれぞれ定員は20名 ; 津島商工会議所

2020年10月29日

【読者投稿】テーマ川柳 「にぎやか」

愛知県津島市、内藤孝さんの「にぎやか」をテーマにした川柳作品を掲載

事件事故 愛西のコンビニ強盗未遂事件で画像公開

27日未明に愛西市古瀬町のコンビニ店で起きた強盗未遂事件で、28日、犯人の男とみられる防犯カメラ画像を公開 ; 津島警察署

事件事故 あまの田んぼで不審火

28日午前4時29分ごろ、あま市森5、農業で田んぼの所有者の男性(77)から「田んぼで稲わらが燃えている」と通報があった : 稲わら計13束が焼けたが、けが人はいなかった : 現場に火の気はなく、不審火の可能性が高いとみて、出火原因などを調べている ; 津島警察署

県警人事異動 女性所属長 歴代2人目

県警は28日、秋の人事異動を発表(11月10日発令): 女性積極登用の一環として、小崎文子警視を運転免許試験場長とし、警察官としては県警史上2人目の女性所属長となる : 異動規模は昨年より202人多い855人。警部以上では昇任、退職を含め200人が異動 : 津島警察署では署長の森秀章氏が刑事総務課長へ、国際捜査課長の福冨達也氏が津島署長へ就任

東海の文芸 奥山景布子「真景累ヶ淵」 圓朝の怪談噺 宿業生々しく 

名作古典落語を小説化するシリーズの第1巻、奥山景布子氏=津島市出身=による『真景累ヶ淵』が刊行 : 三遊亭圓朝によって創作された怪談噺の名作で、色欲に憑かれて道を踏み外す男女の宿業が生々しい : 文芸評論家による本作品の評論を掲載

愛西でコンビニ強盗未遂

愛西市古瀬町のファミリーマート愛西古瀬店で、27日午前1時5分ごろ強盗未遂事件があった : 防犯カメラに写った男の画像を公開し、情報を求めている ; 津島警察署

県警 841人が異動 

愛知県警は28日、秋の人事異動を発表(11月10日発令): 異動規模は昨年より202人多い855人。警部以上では昇任、退職を含め200人が異動 : 津島警察署では署長の森秀章氏が刑事総務課長へ、国際捜査課長の福冨達也氏が津島署長へ就任

秋の人事異動855人 県警 

愛知県警は28日、秋の人事異動を発表 : 異動規模は昨年より202人多い855人。警部以上では昇任、退職を含め200人が異動 : 発令は11月10日 : 津島警察署では署長の森秀章氏が刑事総務課長へ、国際捜査課長の福冨達也氏が津島署長へ就任

県警14署で新署長 秋の異動202人増855人

愛知県警は28日、秋の人事異動を発表 : 対象者は855人で、ラグビー・ワールドカップ(W杯)など大規模イベントを控えて異動の規模を縮小した昨秋より202人増えた : 発令は11月10日 : 津島警察署では署長の森秀章氏が刑事総務課長へ、国際捜査課長の福冨達也氏が津島署長へ就任 

2020年10月28日

事件事故 愛西でコンビニ強盗未遂

10月27日午前1時5分ごろ、愛西市古瀬町のコンビニ「ファミリーマート愛西古瀬店」で、客を装った男がレジのカウンターで金を出せと脅迫 : アルバイトの男性店員(23)が非常通報ボタンを押したところ男は何も奪わず逃走した : 津島署は強盗未遂事件として逃げた男の行方を追っている ; 津島警察署

2020年10月27日

[読者投稿] おたまじゃくし 

愛知県津島市の堀田信恵さんの「ままごと用食材」と題した読者投稿を掲載

津島で交通取り締まりの合同出発式 

10月26日、夕方以降に増加する交通事故の抑止を図ろうと、津島市役所で取り締まりの合同出発式を行った ; 津島警察署パトカーのほか、県警本部の白バイや自転車部隊などの合同パトロール

第74回 福岡国際マラソン 五輪内定服部、高久ら招待

12月6日号砲の第74回福岡国際マラソンの招待選手が26日、発表 : 東京五輪代表に内定している3人のうち、服部勇馬選手(トヨタ自動車)がエントリー。招待選手トップの自己最高記録を持つ高久龍選手(ヤクルト)らが名を連ねた : 一般参加には神野大地選手(セルソース)=愛知県津島市出身=らがエントリーした

2020年10月26日

災害大国 いのちを守る 津波警戒区域 指定進まず 愛知、避難計画作成は途上

津波被害の恐れがある40都道府県のうち、避難対策を強化する「津波災害警戒区域」の指定をすべて終えているのは3割弱にとどまることがわかった : 制度開始から9年近くになるが、地価下落の懸念や切迫感の乏しさなどで進んでいない : 愛知県津島市では、必要な60施設のうち21施設が市に計画を提出済。作成を終えた福祉施設の職員は「計画作りで防災面の課題が見えてきた」。防災ラジオを購入し、1階に置いていたハードディスクは2階に上げたという。

津島市が天王川公園のにぎわい創出事業加速

8月から園内で実施しているカフェ運営などの実証結果について、事業者に公表するための事前説明会を開催 : 11月5日午前10時半から津島市文化会館で行い、現地説明会を同日午後1時半から天王川公園で開催 : 市は今回の検証をもとに、2021年度以降に公園運営の事業者を公募する

2020年10月24日

江南新聞 わが街探偵団 江南と津島 ゆるキャラ 同じ名前 ご近所…気まずくない?

「江南市と津島市に同じ名前のゆるキャラがいて、もめたりしないのか?命名のいきさつを知りたい」との調査命題 : 江南市の「藤花ちゃん」、津島市の「ふじかちゃん」について、それぞれの誕生秘話、命名のいきさつ、両市の交流についてを詳しく掲載

返礼品 小型発電機 人気じわり 津島市ふるさと納税 防災への関心高まり影響

津島市の、ふるさと納税の返礼品の小型発電機が人気 : 小型発電機は市内の工場で製造している2種類で、燃料にカセットボンベを使う機種(1時間)、LPガスを使う機種(10時間)がある : 豪雨などの災害が続いたことが影響したとみられ、9月末までに計75件2277万円の寄付があった : ふるさと納税全体額も過去最高だった昨年度(2億1687万円)を上回る見通し

病院の実力~愛知編149 胃がん ごく早期 内視鏡治療も

今回は、がんの中では大腸がんに次ぎ、2番目に患者の多い胃がんを取り上げる : 2019年に行われた愛知県内の病院で、胃がんの腹腔鏡手術や内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などの治療件数を紹介 : 津島市民病院の治療実績は、切除手術40件(うち腹腔鏡手術17件、手術中の迅速病理診断3件、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)5件など)となっている

2020年10月23日

おでかけガイド 催し 奉納行灯(あんどん)の点灯

津島市神明町の津島神社で「尾張津島お月見実行委員」のメンバーらが、新型コロナウイルス感染症の平癒を祈願し、境内の小道などに置かれた行灯約30個に明かりをともす : 11月23(金)~25(日)の午後5時から9時まで

優しい幸せ届けます 名古屋の児童文学作家・小原さん 絵本「ハッピープレゼント」

名古屋市在住の児童文学作家、小原麻由美さん(51)が幼年向けの絵本『ハッピープレゼント』(三恵社)を9月に出版 : 文は小原さん、絵は津島市のイラストレーター、中根真由美さん(51)が担当した

2020年10月22日

[読者投稿]発言 次世代から コロナの今 受け入れる

愛知県津島市の高校生、丹羽麻菜さん(16)による、感染拡大が続く新型コロナウイルスで一変した生活様式についての読者投稿

海部、瀬戸・尾張旭の消防指令センター 名古屋市消防局に統合へ

名古屋市消防局は2025年度から、住民からの119番を受信する消防指令センター業務について、海部地方消防指令センターや瀬戸・尾張旭消防センターを統合する方針を決めた : 南海トラフ大地震などの大災害を見据え、自治体間の消防の広域化と合理化の一環 ; 海部地方消防指令センターは、2013年4月1日より弥富市役所十四山支所内に開設され、津島市をはじめ蟹江町・あま市・大治町・弥富市・飛島村・愛西市の約33万人分を管轄している

学校林等活動の部で常滑・三和小に知事賞 学校関係緑化コンクール

本年度の学校関係緑化コンクールで、常滑市三和小学校が学校林等活動の部で知事賞(特選)に選ばれた : 敷地内の学校林が遊びや学びの場として活用され、タケノコ堀りやシイタケの原木栽培といった森林学習が教育課程に位置付けられていることなどが高く評価された : 津島市からは神守小学校が学校環境緑化の部に入選した

飛島村 大学生に5万円

飛島村は今月から、村外で暮らす村出身の大学生らに1人5万円を贈る事業を始めた : 新型コロナウイルスで打撃を受けている生活を支援するのが目的 : 津島市は、一人暮らしをしている出身大学生らに1人1万円分の物資を送る事業を9日で打ち切った。3カ月間の申し込みは175人だった

リピート客獲得と働き方改革で講座 津島会議所 来月4、6日

11月4日、6日の両日、午後7時から津島市立込町の津島商工会議所で経営セミナーを開催 : 4日は働き方改革についての講演、6日はリピート客獲得の営業についての解説が行われる。参加は無料 ; 津島商工会議所

ページの最初に戻る