追悼・早乙女勝元さん

コーナー6「追悼・早乙女勝元さん」

早乙女勝元さんが2022年5月10日に90歳で亡くなられました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

早乙女勝元

1932年、東京生まれ。1945年3月10日未明、下町を狙った米軍の東京大空襲に遭い、降り注ぐ焼夷弾と猛火の中を逃げ惑った。戦後は働きながら文学を志し、1956年に『ハモニカ工場』で作家として独立。ルポルタージュ『東京大空襲』がベストセラーとなり、空襲体験の聞き取りと語り部活動がライフワークになった。70年に「東京空襲を記録する会」を結成。同会は74年に市民の体験記などを収録した『東京大空襲・戦災誌』で菊池寛賞を受賞。5月10日、90歳で死去。

ページの最初に戻る